PCMAX

PCMAXで翌日セックスを実践してみた 

人気記事 -SEX日記

出会い系のPCMAXってめちゃくちゃ評判いいですよね~。 私は使い慣れたワクワクメールを利用することが多いですが、色んなサイトを見ているとPCMAXに関してもそれに負けず劣らずの出会えるサイトと書かれていることが多いです。 今回…

【黄昏の水道橋】乱交パーティーに参加した時の思い出

投稿日:2016年12月30日 更新日:

今から15年近く前の話だが、乱交パーティーに参加したことがあった。

既婚の身で給料全額を家に入れており小遣いは15,000円しかなかったのだが、パチスロで月10万以上を稼ぎ続けていたので金には困らなかった。

そして、パチスロでの副収入は生活費ではなく完全な小遣いとなるので、デリヘルや高級ソープなどで自由に使っていた。

しかし、そういったものにも飽きてしまったので、乱交パーティーに興味を持つようになった。

乱交パーティーをネットで検索

乱交パーティーをネットで検索するといくつか表示されたのだが、適当なものを選んでメールで参加表明することにした。
ちなみに、その時に選んだものは「リアルジョイント」というサイトだった。

開催場所は来週水曜日の18時。
場所は水道橋駅近くにあるホテルの一室だった。

ただし、参加表明はしたものの、本当に乱交パーティーが開催されるのか不安になったので、サイトに書かれていた問い合わせ先に連絡することにした。

電話には礼儀正しい言葉遣いの男性が登場し、現在女性2人と男性5人が集まっているとのことだった。
とにかく参加表明は行き届いており、開催するのは本当らしいので、当日は予定通り水道橋へと向かうことにした。

乱交パーティー当日

当日、水道橋に到着すると10分ほどで開催場所のホテルを探し当てて、ロビーに入った。
そこからエレベーターで部屋に向かったわけだが、ボサボサの髪のネルシャツを着た男性がロビー内にいたので

「この人もパーティーの参加者なのでは?」
と思った。

実際にその人からはエロ漫画にも登場しそうな異様なオーラを感じた。
ともすれば、その場所にいた私も同類であり、異様なオーラを発していたことだろう。

その後、会場の部屋にたどり着くと、案の定ロビーで見かけた人物が中に存在した。

中にいた人物は以下の通りである。

参加者の女性2人
参加者の男性6人(私を含む)
主催者の男性2人

また、室内はセミダブルのベッド2つに、風呂とトイレがついた、どこにでもあるオーソドックスなホテルの一室だった。

料金とルール

料金に関しては
男性10,000円の女性1,000円。

挿入の際にはコンドームの着用が義務付けられており、例えば一人の女に挿入した後には一度風呂に入ってコンドームを装着し直してからでないと、もう一方の女に挿入することはできない決まりとなっていた。

そして、女の名前は未だに覚えているのだが
一人は女子大生風の若い女で名前はアミ。
もう一人は、20代中盤の若干落ち着いた雰囲気の女で、ジュンコという女だった。

そして、二人共ルックスは特別良くも悪くもなかったのだが、個人的にはジュンコの方とやりたかった。

プレイ開始

その後、主催者を中心に15分ほど雑談した後に、部屋を暗くしてプレイ開始となった。

女2人がそれぞれのベットに分かれて、それぞれに男が群がった感じである。
そして、主催者の一人は部屋から退室してもう一人は、部屋の片隅でノートPCをいじっていた。

乱交パーティー

アミとジュンコそれぞれに男が2人づつ群がり、私と残り一人の男はベットの隣にあるソファーの上でそのようすを見ていた。

すると、PCをいじっていた主催者が、私のところにきて
「自分からベットに入って混ぜってもらった方がいいよ」
とアドバイスした。

その後、私はジュンコの方のベットへ向かった。

ほどなくして、ジュンコに私ともう一人
アミに男3人が群がる状態となっており、残り一人がソファーでたたずんでいた。

乱交パーティー

そして、もう一人の男がジュンコに挿入すると、私はジュンコの顔の側にポジション取りして愛撫していた。
やがて、その男が果てると次にいよいよ私に挿入するチャンスが回ってきた。

ジュンコはためらいなく私を受け入れ、挿入するに至った。
その時は特に乱交しているという独特の興奮はなく、普通にセックスしている感じだった。

「こんなものか」

といった感じで変に冷静になっている自分がいた。
ただ、普通にイカせてもらってその後、風呂に入った。

ラウンド2

風呂から出た私は少し休憩した後に、アミに群がる男が若干剥がれてきたので、セックスするチャンスが巡ってきた。

やはり、わざわざ東京まで来て、参加費1万を払った以上は、2人とやって帰りたい。
その後、アミとセックスがおっ始まったわけだが、いかんせんジュンコに精力を使い果たしたらしく、ペニスに力が入らなかった。

しかし、そのような状態でもアミは私の性器を絶妙な手さばきにより、自らの性器に導き入れた。
その後、挿入に至ったわけであるが、やはり吸い尽くされた精力は復活せず、絶頂に達することはできなかった。

合計で90分ほど滞在し、やることもなくなったので主催者に挨拶してそのまま帰った。
主催者は、褐色で気さくな30代後半の男性だった。

乱交パーティーという異空間


あの時の世界観は今でも印象に残っている。

エロ漫画によく現れそうな社交空間がそこにはあった。
ただ、実際に足を踏み入れてしまうと、緊張もあるのでエロ漫画を見ているような興奮に没頭できるわけではない。

はたから見れば非日常といえるが、実際に中に入ると
「こんなものか」といった感じ。

同時に、そこに参加した女性2人の脳内はどのようになっているのか気になった。
やはり、普通の感覚の女性が乱交パーティーに参加することは考えられない。

そして、たったいま久しぶりにリアルジョイントを検索してみたのだが、ウェブ上には現れなかった。
あそこにいた主催者や参加者が現在何をやっているのかは知るよしもない。

しかしながら、水道橋駅近くの裏路地から夕暮れ時に向かったあのホテル。
漫画の世界が広がっていたあの一室。

満足度は別として、あの漫画の世界に一度でも触れて体験できたことはいい思い出である。

セックスと上手く付き合うことによって
人生を充実させる方法

-SEX日記, 素人

執筆者:


  1. 駄目タコ足配線 より:

    そんなサイト本当にあったんですね。
    少しネットで調べてみたら、今ではかなり警察の監視が厳しいようですね。

    さて2016年お世話になりました。
    ホールにとっては稼ぎ時ですね。
    忙しい時期ですが体にご慈愛下さい。

    あ、エリア長はそんな忙しくないかw

    • クロロ より:

      結局のところ売春あっせんになってしまう危険があるからよくないんでしょうね~。

      いつもコメントありがとうございます
      来年もどうぞ宜しくお願い致します。

  2. […] 【黄昏の水道橋】乱交パーティーに参加した時の思い出 […]

comment

画像を追加する

ブログ内検索
クロロ店長の無料メルマガ

管理人
クイーンズブレイド冬のシンデレラ
管理人のクロロと申します。
職業はパチンコ店長です。
他に「パチンコ店長のホール攻略」という 超絶人気サイトを運営してます。
スポンサードリンク